カナガン キャットフード 猫 100円モニター

愛猫に試したい!カナガンの100円モニターってまだ募集してる?

我が家には猫が2匹。

 

食いしん坊のアメショー(チョコ)と、ツンデレの日本猫(マロン)。

 

好き嫌いはありますが、食いしん坊のアメショーはあげればあげるほどフードを食べます。

 

一方日本猫のマロンは、好き嫌い+気分で食べたり食べなかったり、食も細くてビビリ。

 

対照的な2匹と暮らしていると、本当にキャットフードの選択に迷ってしまいます。

 

愛猫家のみなさんには共通することだと思いますが、国内外産キャットフードの種類が多すぎて困る困る・・

 

で、いろいろネットで情報収集とかしていたんですが、「カナガン」キャットフードが好評だという記事が多く見られたのでちょっとホームページを調べてみたんですよ。

 

やっぱり私もフードを選ぶときの条件として、

 

  • グレインフリーであること
  • 人工保存料や人工香料をつかっていないこと
  • いち独身会社員が買い続けられる値段であること

 

このあたりが判断材料になってくるんですが、カナガンは品質の面では楽々クリアしていそうだなと分かりました。

 

プレミアムと呼ぶのにふさわしい原材料・成分ですよね。

 

ただ、、プレミアムフードを買うときの最大のハードルはお値段・・!

 

いや、私が出世してもっと稼ぐか玉の輿に乗れればこの悩みは解決されるのかもですが、現状これはかなり切実な問題ですよね・・

 

せっかく高めのフードを試してみたくても、食べてくれなかったら・・って考えただけで涙が出ちゃいます。

 

カナガンキャットフードに関しては、いろんなブログ記事に「100円(実質無料)モニター」が利用できます!って書いてあったので、貧乏性の私は目を皿にして申し込みページを探しましたよ!

 

・・で、結論は、というと。

 

カナガンの100円モニターのお試し、終わっちゃってました・・・

 

なんだよっ(*´ω´)プンプン

 

まぁもともと先着1,000名限定のお試しだったようなので、乗り遅れた私が悪いんです、はい。

 

100円モニターは終わっちゃってましたが、どうしてもカナガンが気になってしまって、一袋だけ買ってみようかと調査継続。

 

結果、単品購入(3,960+税+送料)よりも、10%引きの定期コース登録(3,564+税+送料) がすこーーーしだけお得ということが判明。

 

いや、10%でも積もればデカイよ!

 

定期コースも解約可能ということだったので、とりあえずこれで一袋、今のフードに混ぜながら1ヶ月ぐらい様子を見てみることにします!

 

ということで、カナガンの100円モニターは終了しちゃってたので、今回は定期コースでのお試し注文という形をとってみました。

 

合わなければ解約するのだけ忘れないようにしないと。

 

愛猫にあうフード選びは、猫の数だけ可能性があって正解がないんですよね。

 

とにかく良いものの情報収集とコスパ計算を続けて、いくつか試して、いつか理想のフードに固定できるように、一緒にがんばっていきましょう!

 

【追記】
極秘のカナガンの100円モニターの募集がまた始まったようです!!

 

しかも今回は前回よりもパワーアップして超お得な7大特典まで付いているそうです!

 

その7大特典を秘密に紹介しちゃいます!

 

特典1 特別割引価格の10%オフを適用

仮予約コースなら、通常価格より10%オフ!負担なくご利用いただけます。

 

特典2 ご注文の手間なくフードをお届け

4週間毎に1袋を定期的にお届けしますので、大切な猫ちゃんの食事を買い忘れる心配がなく、ご注文の手間もかかりません。

 

特典3 選べる個数・配送周期

いつでもお届け周期や個数の変更が可能です。猫ちゃんの食べるペースに合わせてご調整いただけます。

 

特典4 いつでも解約可能

コースの解約や休止・再開はいつでも自由です。もちろん、キャンセル料も一切かかりません。

 

特典5 カウンセラーによる無料サポート

商品の与え方に関するご相談など、無料で常駐しているカウンセラーにご相談いただけます。

 

 

人気のカナガンキャットフード!人気の秘密は原材料と成分にある?

 

今グレインフリーのキャットフードが注目されていますが、中でも人気があるのがイギリス産のカナガンキャットフードです。

 

高級なキャットフードなのになぜこんなに人気があるのでしょうか?

 

どうやら人気の秘密はカナガンキャットフードの原材料と成分にあるようなので、詳しく調べてみました。

 

カナガンキャットフードのメインの原材料はチキンです。

 

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%とチキンを贅沢に使用しており、猫にとって最も重要な動物性タンパク質がたっぷり摂れるのが嬉しいですね。

 

カナガンの原材料名一覧
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

イギリス産の平飼いチキンを使用していて、今危険視されている4Dミートなどは含まれていないようなので安心です。

 

また穀物を一切使用しない代わりに食物繊維が豊富なサツマイモを使用し、腹持ちを良くしたり消化をサポートしてくれます。

 

そのほか野菜やハーブなど猫の健康を維持する為の原材料がたくさん使用されており、無駄なものは一切含まれていません。

 

さらに人口添加物や香料は無添加で、保存料としてビタミンを添加しているだけのようです。

 

成分を見てもタンパク質や脂質だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富に含まれていて、栄養バランスが非常に良いキャットフードということがわかりました。

 

カナガンキャットフードは高品質な原材料を使用し成分までしっかり考えられていて、人気があるのも頷けます。

 

栄養バランスの良さからオールステージに対応しているキャットフードなので、フードの切り替えを検討している方はぜひカナガンキャットフードを試してみてはいかがでしょうか。

 

カナガン成分表
粗タンパク質37.0%、粗脂肪20.0%、粗繊維1.50%、粗灰分8.50%、水分7.0%、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%、リン1.40%、ナトリウム0.36%、カルシウム1.58%、マグネシウム0.09%、エネルギー390kcal/100gあたり

 

カナガンを猫に与えて期待できる予防と効果とは?

 

カナガンは猫の健康を考えて作られたキャットフードですが、実際猫ちゃんにカナガンを与えることでどのような効果があるのでしょうか。予防できる症状や病気についても調べてみました。

 

キャットフードをカナガンに変えてから毛艶が良くなった、という口コミをよく目にします。

 

毛艶は猫の健康状態を示すと言いますから、栄養価の高いカナガンに変えて猫ちゃんが健康的になったのかもしれません。

 

カナガンは脂質を豊富に含んでいるので、皮膚の乾燥や皮膚病の予防にも適していると言えます。

 

それからカナガンを調べていると腎臓ケアという言葉もよく目にします。

 

猫は腎臓病になりやすい動物ですが、腎臓病は水分を取らないことが原因でなる病気のようです。

 

カナガンは他のキャットフードより多く水分を含んでいるので、あまり水を飲まない猫ちゃんにいいかもしれないですね。

 

ドライフードを水でふやかして与えるというのも効果的だそうです。

 

他に猫のなりやすい病気といえば尿路結石ですが、カナガンは尿路結石の予防に有効なクランベリーを配合しています。

 

クランベリーに含まれるキナ酸には、尿pHを酸性に安定させる作用があるそうです。

 

また高タンパク質な食事を続け、尿の回数を増やすことも尿路結石の予防になるとされているので、タンパク質も豊富なカナガンは猫ちゃんの毎日の食事にぴったりです。

 

カナガンについて期待できる予防や効果を紹介しましたが、猫の年齢や体質によっては効果がない場合もあります。

 

ただ猫ちゃんの健康を維持する為の栄養価がたっぷり含まれたキャットフードであることは間違いありません。

 

愛猫を思ってフードを見直すなら、ぜひカナガンを試してみてはいかがでしょうか。

 

カナガンキャットフードは子猫にもお勧め!量や与え方も調査!

 

カナガンキャットフードは子猫にも与えられるオールステージ対応のキャットフードです。

 

少ない量でたっぷり栄養が摂れるキャットフードなので、あまり量を食べられない子猫にも特にお勧めです。

 

カナガンキャットフードには給与量が設定されているので、子猫の場合も給与量を目安に与えてあげるといいでしょう。

 

子猫の一日の給与量は

 

生後3週間?2ヶ月以下・・・20?30g
2?4ヶ月・・・30?55g
4?6ヶ月・・・55?75g
6?12ヶ月・・・75g?

 

このようになっています。

 

4?6ヶ月からは成猫より与える量が多くなってくるので、一袋の減りが早くなりますね。

 

子猫は乳歯が生えてきた頃から離乳食を食べられるようになりますが、いきなりドライフードをそのまま与えても食べることができません。

 

この頃からカナガンを与える場合は、フードを水に浸して、指で押して潰れるくらい柔らかくなったものを与えてあげましょう。ふやかすのに使った水も一緒に食べさせてあげると良いそうです。

 

また一度にたくさん食べられないので、給与量を3?4回に分けて与えてあげると良いですね。

 

乳歯が生えそろったら、徐々にふやかす時間を減らしていきます。

 

あまり長いこと柔らかいフードを食べさせていると、アゴの力が弱くなってしまうそうなので注意が必要です。

 

完全なドライフードは生後5ヶ月ごろから与えて良いそうです。

 

それまではふやかしたりウェットフードに混ぜたりして、栄養ばっちりなカナガンを食べさせてあげましょう。

 

子猫が生まれてからの一年は体を作るための大事な時期です。

 

これから猫を飼うという方、子猫を飼っている方、子猫の体づくりに必要な栄養素たっぷりのカナガンキャットフードを試してみませんか?

 

カナガンは猫の食いつきが良いってホント?口コミを調べてみた!

 

カナガンの公式ホームページには100%の猫が食べた!なんて書かれていますが、実際購入した方の口コミを見ると食べなかった猫ちゃんもいることがわかります。

 

公式の『100%食べた』の内訳は85%が喜んで食べた、15%が食べたとなっているので、15%の猫ちゃんは食いつきが良くなかったと思っていいのかもしれません。

 

ただそれでも85%は喜んで食べたようですし、カナガンに変えたら食いつきがすごいという口コミがたくさんあるのも事実です。

 

評価の良い口コミを見ると、中には1ヶ月かけてフードをカナガンに切り替えたという方もいるようです。

 

新しいフードを警戒する猫ちゃんは多いので、ゆっくり時間をかけて切り替える、切り替え方法を変えるなどすれば、カナガンを食べてくれる猫ちゃんが増えるかもしれませんね。

 

カナガンの食いつきについては、100%の猫が食べるわけではないがほとんどの猫の食いつきは良い。

 

フードの切り替え方を工夫すれば食べてくれる猫もいる。ということがわかりました。

 

評価の悪い口コミは食べないがほとんどですが、値段が高いという口コミもあります。

 

カナガンを試してみたら食いつきが良かった。

 

どうして高価なフードには食いつくのか・・・と胸中複雑な飼い主さんもいるようです。

 

確かにカナガンは一袋約1ヶ月分で税抜き3,960円と、他のキャットフードと比べ高価です。

 

高価ではあるんですが、カナガンは猫の健康を維持するための栄養価が豊富に含まれた良質なキャットフードです。

 

少しでも長く愛猫と一緒にいるために、値段が高くても質の良いフードを選んであげて欲しいと思います。

 

猫ちゃんが食べない可能性を考えるとなかなか手が出せないという飼い主さんのために、カナガンはお試しモニターも募集しています。

 

猫ちゃんの健康を考えるなら、ぜひ一度カナガンを試してみませんか?

 

カナガンか?ねこはぐか?値段はカナガンの方が超お得だった!!

 

カナガンはペット先進国イギリスで作られた安心安全のキャットフードです。

 

ペットフードに関して日本はまだ発展途上ではありますが、猫飼いさんの猫への健康意識が高いこともあってか国産の高級キャットフードが増えてきています。

 

ということで、外国産代表のカナガンと、国産人気ナンバーワンの「ねこはぐ」というキャットフードを比較してみました。

 

猫の健康ももちろんですが、やはり気になるところは値段ですよね。

 

カナガンは一袋1.5kgで税別3,960円とちょっとお高め・・・と思いきや、ねこはぐは同じく一袋1.5kgで通常価格なんと税別6,980円。

 

定期購入で初回半額、2回目以降も1000円オフになるそうですが、それでもかなり高いです。

 

ねこはぐは全て100%国産の原材料を使用しているため、高価なキャットフードになっているようです。

 

国産のお肉とかも高いですからね・・・

 

確かに国産の原材料と聞くと安全に思えますが、カナガンとねこはぐどちらもヒューマングレードのキャットフードなので、安全面ではカナガンも負けていません。

 

カナガンの原材料名一覧
乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

原材料を詳しく見てみると、カナガンはグレインフリーなのに対し、ねこはぐは小麦は使っていないもののグレインフリーではありません。

 

今グレインフリーがかなり人気ですが、キャットフードはグレインフリーじゃないとダメ!というわけではないようです。

 

穀物に含まれる食物繊維などが猫にとって大切な栄養素であるため、ねこはぐはあえて穀物を使用しているそうです。

 

しかしカナガンも食物繊維たっぷりのサツマイモを使用しているので、穀物を使用していなくても栄養素に問題はありません。

 

気になったのがタンパク質ですが、カナガンが37%、ねこはぐは28.5%となっています。

 

タンパク質は摂りすぎると肥満の原因になったり腎臓に負担がかかったりするようですが、育ち盛りの子猫や動きが活発な成猫にとっては、ねこはぐのタンパク質は少ないように感じます。

 

カナガン成分表
粗タンパク質37.0%、粗脂肪20.0%、粗繊維1.50%、粗灰分8.50%、水分7.0%、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%、リン1.40%、ナトリウム0.36%、カルシウム1.58%、マグネシウム0.09%、エネルギー390kcal/100gあたり

 

カナガンを食べてなんともない、むしろ健康だという猫がたくさんいるので、タンパク質で選ぶならおそらくカナガンの方が良いです。

 

ただほとんど運動しないお年寄りの猫には、ねこはぐはピッタリなタンパク質量と言えます。

 

カナガンとねこはぐを比べてみてわかったのは、一番高いキャットフードが一番良いとは限らないということです。

 

ペットフードに関しては国産だけが安全というわけではありません。

 

国産高級キャットフードよりちょっとお得に購入できる、安心安全なイギリス産のカナガンを試してみませんか?

 

カナガンキャットフードを一番お得に買えるのは?販売店舗を調査!

 

カナガンキャットフードは今人気のグレインフリーで、人間も食べられるヒューマングレードの原材料のみ使用したプレミアムキャットフードです。

 

口コミでも評判の良いカナガンキャットフードはどこの販売店舗で売られているのか調べてみたのですが、実店舗での販売はしていませんでした。

 

カナガンキャットフードは通販のみで販売していて、公式サイトかAmazonで購入することができます。

 

なぜ実店舗で販売していないのかというと、賞味期限間近など粗悪な商品が出回らないようにする為だそうです。

 

カナガンキャットフードは商品が注文されてから工場で作られるので、いつでも新鮮なフードが家に届くというのが嬉しいですね(^^♪

 

公式サイトとAmazonではどちらで購入するのがお得なのかも調べてみました。

 

1袋購入するとして、公式サイトは3,960円+税+送料640円で4,916円です。

 

Amazonは送料無料ですが単価が4,967円なので、公式サイトの方が若干ですが安く手に入ります。

 

さらに公式サイトでは単価が安くなる定期購入などもあるので、長く続けたいと思っている方には圧倒的に公式サイトの方がお得です。

 

ということでカナガンキャットフードの販売店舗は通販のみで、一番お得に購入できるのは公式サイトということがわかりました。

 

ホームセンターやドラッグストアで気軽に買えないのは残念ですが、品質管理がしっかりしている証拠でもありますよね。

 

カナガンキャットフードが気になるという方は、公式サイトからお得に購入してみてはいかがでしょうか?(^^♪